asterecs

0120-38-2103
9:00-18:00(水曜定休)

前橋市や高崎市など群馬県内の不動産の事なら
アステレックス不動産へ

不動産の

販売活動

について

販売活動の内容とは

媒介契約を締結したら、不動産会社が販売活動をして購入希望者を探します。販売活動といっても沢山の方法がありますが、最近ではインターネットに情報を載せることが主流になりました。 不動産をスムーズに売却できるかどうかは、売り出し後の販売活動をいかに上手く行うかがカギとなります。

インターネットに掲載する

自社ホームページ、SUUMOやat homeなどアクセス数の多い主要な不動産情報サイトへ物件情報を掲載しています。

この手法は、現在ではほとんどの不動産会社が利用していて、もっともポピュラーな販売活動方法です。

インターネット掲載は広範囲に情報発信をできる手段であり、不動産を買いたい人もまず利用する手段になっています。

レインズへの物件登録

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムです。 ここに物件情報を載せることにより、他の不動産会社へ幅広く公開できるので広範囲で購入希望者を探せます。

 

レインズとは?:説明ページを読む

現地看板

近所や街で『売り出し中』などの看板を目にしたことが一度はあると思います。昔から続いてる最も単純な広告活動です。 近隣住民に知られたくない場合を除き、高い効果が期待できるので売却する際は契約した不動産会社に現地看板を建てるのか聞いてみると良いでしょう。

新聞折込チラシ

新聞の折込チラシも多く利用されている広告手段です。最近は新聞購読者が減り、折込チラシの効果は以前ほどではなくなってきています。 特に不動産の場合は掲載内容に規制があったり、週末前には競合他社も多く広告を出しているので、思うような反響が得られないのが現状です。

ポスティングチラシ

新聞折込ほど大規模にポスティングできませんが、ピンポイントで広告活動を行うには最適の手段です。新聞折込よりもポスティングを利用している不動産会社が多いです。

顧客への紹介

不動産会社が、店頭や物件案内などで不動産購入希望のお客様に物件を紹介します。メールマガジンなどを配信している会社もあります。

オープンハウス

内覧とは異なり、物件の前に看板やのぼりを立て、立ち寄る方に中身を見てもらうイベントを行う方法です。特に大きな道路に面したアクセスの良い場所なら、成約率も一気に上がります。

お問い合わせ